リュウソウジャーの「ソフビヒーロー騎士竜戦隊リュウソウジャー2」を買ってみた!

スーパー戦隊シリーズ
スポンサーリンク

戦隊モノにハマった息子の喜ぶ顔が見たいので戦隊モノの玩具を買ってみた!シリーズです。
今回はバンダイキャンディから7月1日に発売されてるソフビ人形の第2弾です。5種類の中で「リュウソウゴールド(ビリビリソウル)」を購入しました。第1弾は買っていませんが買ってみようと思った理由があります。

▲開封前のパッケージ表側

◆もくじ
①ソフビヒーロー騎士竜戦隊リュウソウジャーとは?
②ソフビ人形を買った理由!
③「勇動」シリーズと比べて!
④終わりに

①ソフビヒーロー騎士竜戦隊リュウソウジャーとは?
組み立てやシール貼りが不要の人形です。いつものラムネが1個入っているので食玩ですね。

・値段は?
 250円(税抜)です。

・大きさは?
 ソフビ人形の高さ(身長)は11㎝程です。

▲ソフビ人形をメジャーで測った

・どこが動かせるの?
 動かせるのは両腕と腰(下半身)だけです。腰部分は足と腰が一体化してるので腰部分が回転出来るだけです。動かして遊ぶとしたら両腕だけだと考えていいでしょう。

・ソフビヒーロー騎士竜戦隊リュウソウジャー2の5種類は?
 1.リュウソウゴールド(ビリビリソウル)
 2.リュウソウレッド(メラメラソウル)
 3.リュウソウゴールド
 4.ドルン兵
 5.ガイソーグ

②ソフビ人形を買った理由!
以前、「騎士竜戦隊リュウソウジャー 勇動」を購入したのですが下の子(1歳半)がバラバラにして頭部分を口に入れたりするのでママに取り上げられてしまいました。そこでバラバラにならないソフビ人形なら安心して遊べると考えて購入してみました。息子も喜んで遊んでたので良かったです。

③「勇動」シリーズと比べて!
「勇動」に比べて可動部分が圧倒的に少なく見た目も「勇動」の方がカッコイイと思います。なによりポーズが決められる「勇動」は飾って楽しめます。しかし、息子の反応を見てると「勇動」もソフビ人形も同じように遊んで楽しんでいるので大人が思っているほど見た目やポーズさせる事を重要視してないのかもしれません(そもそも飾って見てるだけなんて出来ないです)。値段も「勇動」350円に比べて「ソフビヒーロー」は250円で小さい子供でも安心なので我が家にとっては「勇動」よりも「ソフビヒーロー」が合っていたようです。

▲こちらは「勇動」です。参考までに!

④終わりに
小さい子がいる家庭で遊ばせるならソフビ人形をオススメします。個人的には今までミニプラや「勇動」で苦しめられてきたシール貼りがない事も助かります。遊んでいてバラバラにならないので組み立て直す事も必要なく遊び続けられるのも助かります。それに戦いゴッコもソフビヒーローなら敵役のドルン兵やガイソーグがあるのでいいかもしれません。

コメント