騎士竜戦隊リュウソウジャーのミニプラ!「ディメボルケーノ」を買ってみた!

スーパー戦隊シリーズ
スポンサーリンク

戦隊モノにハマった息子の喜ぶ顔が見たいので戦隊モノの玩具を買ってみた!シリーズのミニプラ買ってみた編です。
今回は5月27日に発売された「騎士竜合体シリーズ02キシリュウオーファイブナイツ」の内容です。今までは「キシリュウオースリーナイツ」がシリーズ01でありましたが追加の騎士竜が登場したのでファイブナイツとキシリュウオーディメボルケーノに合体可能になりました。
全て購入しようか迷いましたが「ディメボルケーノ」だけ追加購入したので内容を記事にします。

▲箱の裏側

◆もくじ
①「騎士竜合体シリーズ02キシリュウオーファイブナイツ」とは?
②「ディメボルケーノ」について!
③組み立てについて!
④シールが大変!(公式サイトではわからない事です!)
⑤終わりに

①「騎士竜合体シリーズ02キシリュウオーファイブナイツ」とは?
騎士竜戦隊リュウソウジャーのミニプラ第2弾となる「タイガランス」「ミルニードル」「ディメボルケーノ」の3体の騎士竜が追加されました。ディメボルケーノはテレビでも登場したばかりの新しい騎士竜です。
5月27日に第2弾が発売され値段は1個350円(税抜)です(値段は第1弾と同じです)。
キシリュウオースリーナイツに「タイガランス」「ミルニードル」を合体させて「キシリュウオーファイブナイツ」に!またキシリュウオーに「ディメボルケーノ」を合体させる事で「キシリュウオーディメボルケーノ」になります。

▲完成したディメボルケーノ

②「ディメボルケーノ」について!
新しい騎士竜です。トリケーンやミルニードル達と同じく竜の形だけでティラミーゴのようにロボット(人型)には変形出来ません。それと今後はわかりませんが5月末の今のところキシリュウオーとの合体のみでキシリュウオーファイブナイツとの合体はありません。もしかしたら現時点で登場してない新たな騎士竜と複数合体するのかもしれません。

③組み立てについて!
組み立ては今までのミニプラと同じです。接着剤やハサミ等の工具が必要ありません。組立図を見ながら作れば簡単に作れます。

▲ディメボルケーノの組立図
▲組み立て前のパーツとシール

④シールが大変! (公式サイトではわからない事です!)
組み立ての中で書いてもいい内容ですが本当に大変なので別項目で書きます。ディメボルケーノは今までの騎士竜の中で一番シールが多いと感じました。それと毎回思うのですが「シールが小さくて貼るのが大変!」これは指では晴れません。特にロボット型の時に使う頭部分の両目のシールが小さい!これはピンセット等の道具が必要です。ピンセットがない人は毛抜きでもOK!それも無ければ何か先の尖っている物も使えそうです。

▲頭を組み立てシール貼りまで終えたところ
▲背中と胴体部分の組み立て
▲シッポの組み立て
▲ロボット型の顔とディメボルケーノ

⑤終わりに
今回「キシリュウオーファイブナイツ」にするための「タイガランス」「ミルニードル」を買わずに「ディメボルケーノ」だけ購入したのは全部買ったら350円×3個で1050円(税抜)かかる。それとミニプラを小さい子供が遊ぶと簡単にバラバラになります。5体も合体したらバラバラがひどくなると考えて今はキシリュウオースリーナイツで我慢だと考えました。それにDXの購入を考え始めてるのも理由としてあります。毎日バラバラになるのを組み立てるパパの作業がDXにすれば軽減するのではないかと考えています。DX購入のママのOKが出るかどうかです。
ミニプラには値段的な手軽さがあるのでロボット物を子供が気に入って遊ぶか探るのにいいと思ってます。後はバラバラになっても自分で組み立てられる年齢の人ならオススメだと思います。

コメント