確定申告!得する!?セルフメディケーション税制について!

スポンサーリンク

確定申告の時期で申告しようとしたらセルフメディケーション税制という制度を目にしました。この内容について知っていれば得する事になるので私なりに分かり易く説明していきます。

目次
①セルフメディケーション税制とは?
②どんな人が対象になるの?
③どんな市販薬が対象なのか?
④まとめ

①セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は2017年(平成29年)1月1日から新制度として特定の市販薬の購入費用で所得控除を受けられるようにした制度です。金額も12,000円以上で申請可能と従来の医療費10万円に比べとてもハードルが低いのも特徴です。(上限金額は88,000円)
今まで「仕事など忙しいので時間のかかる病院に行ってられないから市販薬で何とかやってきた。」という人は多いと思います。そんな人にとっては控除できる金額が増えるのは嬉しい内容です。

※医療費控除の該当するもので今まで医療費控除(支払った医療費が一定以上ある場合に申告する場合の控除)とセルフメディケーション税制による医療費のどちらかの一つ選ぶ必要があり、お得になる方を選ぶという事です。両方で控除を受ける事が出来ないので特になる方を選ぶ事がポイントになります。

従来の医療費控除とセルフメディケーション税制のどちらが得なのか知りたい人は「日本一般用医薬品連合会」のホームページで「どれだけおトク?~計算してみよう~!」というコーナーがあるので金額を入力して計算してみるといいでしょう。

申告の際には領収書(レシート)が必要になるので捨てずに保管しておきましょう。

②どんな人が対象となるのか?

1.所得税や住民税を収めている事!(これは説明不要だと思います)
2.対象となる定期健康診断などを受けている人
【対象の診断など】
A:特定健康診査(メタボ健診)または特定保健指導
B:予防接種(定期接種、インフルエンザの予防接種)
C:勤務先で実施する定期健康診断(事業主検診)
D:保険者(健康保険組合、市区町村国保等)が実施する健康診査(人間ドック、各種健(検)診等)
E:市町村が健康増進事業として実施するがん検診
F:市区町村が健康増進事業として実施する健康診査(生活保護受給者等を対象とする健康診査)

これはどうしたらいいの?と思う人もいるでしょう。上記診断などを受けた証明をする必要があります。会社勤めしてる人はCの内容であれば通知結果表(コピー可)で大丈夫みたいです。
その他に使えそうなのがBの予防接種でしょう。この証明に必要な書類は領収書(原本)あるいは予防接種済証(原本)があれば大丈夫です。

③どんな市販薬が対象なのか?

スイッチOTC医薬品が対象という事ですが何が該当するのか実際に購入する市販薬に【セルフメディケーション 税 控除対象】といったマークがある物だそうです。(2019年1月31日時点で1718品目あるようです)
厚生労働省のホームページで詳細が見れるようになってます。

【参考】
目薬(ロートアルガードなど)、風邪薬(エスタックイブ、バファリン、パブロン、新ルルやルルアタック、ベンザブロックなど)、虫刺されかゆみ止め薬(ムヒなど)、花粉症に効く(アレグラ、アレジオン、ストナリニなど)、湿布薬(サロンパス、フェイタスなど)、肩や腰などに効く(バンテリン、ボルタレンなど)、鼻炎薬、軟膏、頭痛・生理痛に効く(ナロンエース、ロキソニンなど)、DHCのにきびクリームやPVかゆみ止めクリームなど、下痢止め、胃腸薬など

風邪薬や目薬、湿布薬なども対象なので安心です。個人的には花粉症対策の薬も対象になっているのがポイント高いです。

④まとめ
・市販薬の購入費12,000円以上が医療費控除の対象になるのでレシートを取っておく。
・従来の医療費控除or新制度の「セルフメディケーション税制」のどちらか選ぶ(両方を控除申請は不可)。
・健康診断や予防接種を受けてる証明が必要。
・風邪薬や目薬など、よく利用しそうな市販薬も対象になっている。

これは多くの人にとって控除出来る金額が増える事になると思います。1年ともなれば12,000円以上買う事も難しい話ではありません。あと少しで12,000円を超えそうな場合は思い切って使いそうな薬を購入するものいいのではないでしょうか。備えあれば何とかって言葉もあるので…
以上、参考になれば幸いです。

コメント