白内障、手術後のメガネについて

スポンサーリンク

※私の場合は右目が白内障で右目(片目)だけ手術しています。

白内障手術後は元々持っていた自動でピントを合わせて物を見る機能がなくなります。そこをメガネで補って生活していく事になります。私の場合は裸眼だと手術した右目で近く(40㎝くらいまで)がボヤけて見えにくいです。反対に遠くは乱視のある視力0.7の左目より良く見えます。

 普段の生活ではメガネが無くても問題ありません。パソコンやスマホなど近くの物を見る時の為にメガネを作りましたが使ってないのが現状です(メガネなしでもパソコンやスマホは手術してない左目もあるので見れます)

 またメガネなしでも私生活に問題はなく、仕事によってはメガネがなくても平気だと思います。私もメガネなしでも仕事に支障はありませんが私の場合は目にゴミが入ったりする事で手術後の目に炎症など起こるのが怖い、目に何かぶつかる事を恐れてメガネをしてます。何かあって再度目の手術になる事は避けたいからです。目の手術は思った以上に辛かったので安心を得るためにメガネをしています。

メガネを作る時の参考

・私は近くを見る用に眼科で処方された度数のメガネを作成しました。作ったメガネで近く(30㎝から40㎝くらいまで)は非常に良く見えます。しかし、50㎝以上先は見えにくくなるので生活の中では不便を感じているのが現状です)お金をかけて作ったメガネがあまり役に立たないとなると勿体ないので自分の状況・生活や仕事を考えて眼科で処方してメガネを作るのか決めた方がいいと思います。

 眼科で頼むと処方箋でお金がかかる(頼む前に料金を確認しましょう)ので直接メガネ屋さんに行って今の自分にあったメガネを作成した方がいいと思います。
 実際に私はJINSでメガネを作って利用しています。眼科でもらった処方箋でもメガネを作りましたがそれは使っていないです。

ちなみに私のJINSで作ったメガネは左目は乱視を補正し視力1.2程度になるレンズ。手術した右目のメガネレンズは裸眼より少しだけ視力があがる程度のレンズにしてあります。
右目(乱視なし)は手術後裸眼でも1.0あります。これより視力を上げようとすると遠くは見えるようになるのですが反対に近くが裸眼より見えにくくなります。右目は裸眼のままで補正なしのレンズでも良かったかもしれません。

 私は普段はメガネなしですが仕事の時だけJINSで作ったメガネをかけてます。

 メガネには遠近両用レンズという便利そうなメガネレンズもあります。
 このレンズが簡単に話すとレンズの上側が遠くを見る為のレンズ、そこ以外(下側)は近くを見る為のレンズになっています。
 メガネ屋でも進められましたが遠くを見る時に上目遣いをする様子が想像され、個人的に使いにくそうと感じて作ってません。慣れれば使いやすいのかもしれないので今度チャレンジするのもいいと考えてます。(メガネも安いのがあるとはいえ何本も作るのはコストなので見送ってます)

 以上、簡単ではありますが白内障手術をした目について私の感想や現状をお伝えしてきました。私も白内障になった時にはインターネットで白内障について検索しました。参考になれば気持ちの負担も幾分軽減すると思います。

コメント